大マインさんプロジェクト

最終更新日:2011.11.27
サーバ更新

サーバについて

◆FTP

ホスト名
"ftp.dai-mine3.net"
アクティブモード/パッシブモード
両対応(ルータ越しの接続の場合、パッシブモードをお勧めします)
対応プロトコル
FTP/SFTP(FTP over SSH)/implicit(暗黙の) FTP over TLS

対応クライアントソフト(Filezillaなど)であれば、安全な接続をおすすめします(転送速度は遅くなる場合があります)。

ただし、零細サーバにつきホスト認証は受けてないので、ホスト認証の警告は無視してください(暗号化機能のみ使います)。

Implicit FTP over TLSの接続ポートは990です(FFFTPの場合、こちらでポート番号を設定する必要があります)

Explicit(明示的な) FTP over TLSは接続不可です。

注意

ftpクライアントソフトから見えるディレクトリは、各ホームディレクトリが仮想ルートディレクトリ"/"として見えます。

たとえば、ユーザxxxxでログインした時の"/html/"は、実際には"/home/xxxx/html/"になります。

ファイル名の文字コードは"UTF-8"でお願いします。

◆.htaccess

現在のところ、Options、AuthConfig、Limitが指定できます。

デフォルトでは、index.html(htm)が無い状態でのファイル一覧表示を「しない」設定にしています。一覧表示を行いたいディレクトリでは"+Indexes"を指示してください。

特に希望がありましたら、管理者までお知らせください。ご相談に応じます。

◆リモートシェル

SSH2(ポート22)使用可。ただし希望しないユーザに対しては接続不可にしています。

ホスト認証可。暗号鍵はDSA/RSA共に対応(DSAを推奨します)。鍵サイズは、ひとまず2kBまではOKなのを確認しました。

サーバ側の標準文字コードがUTF-8になりましたので、シェル上で日本語を扱う場合は、クライアントソフトの文字コード設定をUTF-8に設定してください。

編集を各自のエディタで行うのであれば、文書の中身はこれまでどおりSJISやEUC-JPなどでも大丈夫です。アップロード時の文字コード変換は解除してください。

ただしリモートシェル上で編集する場合はUTF-8しか使えないでしょう。ちなみにテキストエディタは、現在viのみ提供しています。

Windows上のクライアントソフトとしては、TeraTerm+TTSSH最新バージョンあるいは、PedorosaといったものがSSH2にもUTF-8コードにも対応しているようです。

Poderosa
http://ja.poderosa.org/
TeraTerm
http://hp.vector.co.jp/authors/VA002416/

UNIX系OSあるいはMacOS向けのクライアントソフトの紹介は省かせていただきますが、最新の環境であれば、標準で実装されているクライアントで大丈夫だと思います。

◆e-mail

ホスト名
"pop.dai-mine3.net" または "imap.dai-mine3.net"
対応プロトコル
POP3/POS3s/IMAP4/IMAP4s←POP3/IMAP4は廃止予定

対応メールソフト(Becky!/Thunderbird/OutlookExpressもかな?など)であれば、安全な接続を利用ください。

ただし、零細サーバにつきホスト認証は受けてないので、ホスト認証の警告は無視してください(暗号化機能のみ使います)。

ウィルスチェック
Clamavを運用中
UBE(迷惑メール)ブロック
S25Rを運用中

~/.forwardによるe-mail転送が使えます。

転送先メールアドレスを書いた".forward"というテキストファイルを作り、各ホームディレクトリにアップすれば、そのアドレスに転送されます。

転送先がxxx@yyy.comだとすると、

xxx@yyy.com

複数のアドレスに転送したい場合は、改行して書いてください。

転送した場合、メールは本サーバには残りません。もし残したい場合は、自分自身にも転送します。各自のメールは、おのおのホームディレクトリ下のMaildir/に保存されるので

xxx@yyy.com
~/Maildir/

のように書きます。順番はどちらが先でもかまいませんが、Maildirの後ろの"/"は忘れず書いてください。

メールの受信を拒否したい場合は、同じく~/.forwardに

/dev/null

と書けばOKです(こちらは最後に"/"をつけないでください)。

.forward設定の詳細は、適当な書籍あるいはサイトをご参照ください(申しわけありませんがこちらでは紹介しません)。

もちろん「よくわからないけど○○に転送するように設定して」とか「××@dai-mine3.netってメールアドレスが欲しい」といった要望は承ります。


Powered by Apache2 Valid XHTML 1.1! Valid CSS!

© 2000-2014 Namshi_Y., Geinin-Guild